猫の避妊手術〜抜糸まで

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

心配だった手術も無事終わって・・・

お世話になっている動物病院の先生はねこちゃんの負担を軽くするめ基本体重が2.5kg、月齢8ヶ月と決めているそうです。体重が軽いと使う麻酔の量が多くなりねこちゃんに負担がかかると言うことで。

予約の日、血液検査と体重測定。体重は1ヶ月前から全然増えていなくて2.4kg。先生やや悩むも血液検査も月齢も問題ないのできっと小さめのねこちゃんなのですね。と手術をすることに。

ここでしばらくのお別れです。旦那くん寂しさを堪え病院を後にしました・・・。

お迎えの時間が迫ってきました💦

うちの病院は避妊手術はお泊まりなしです。16時、午後の診療時間開始と同時に引取も可能になります。受付3番目でしたが、奥でミャ〜ミャ〜泣いているのが聞こえてドキドキ。
先生が早々に連れてきてくれて手術の説明と抜糸までの流れをお話ししてくれていましたが、旦那くん一刻も早く車に連れて帰りたきてパタパタ。

病院仕様の術後服で帰宅後トイレとか食事とかもうどれをしたらいいのかわかりませんでしたがとりあえず水分かとささみを薄くスープにして飲ませたところ飲んでくれました。
場合によっては飼い主を忘れてしまうペットちゃんもいると聞きましたが大丈夫でした。

麻酔が切れ始めた頃痛そうに泣いていましたが、大好きなお布団で包んでとにかく家で安心させることが大切な気がしたので当日と翌日は二人で交代で付き添い、寂しくないよう(ベッドから落ちたら怖いし)付き添いました。
当日はベッドじゃなくて寝ようと部屋を変えて準備していたらいつも寝ている部屋が落ち着くようでおぼつかない足で寝室に行ったので慌てて布団を運びベッドの準備をしました。

いつもの場所でちょっと落ち着く

ご飯も無事に食べ終えて

ご飯を食べ始めるのは明日かなぁと先生が言っていましたが、うちのねこちゃんは当日の夜から食べていました。と言ってもいつものご飯(おじやのようなご飯にワカサギ)でいいのか分からず、人間で言うところのおかゆみたいにとろとろのご飯にしました。治りがいいかはわかりませんが鶏肉ベースでレバーも入れて。

翌朝も同じようなご飯で、ベッドから下りるのはトイレに行きたそうな時。ごはんはベッドの上です。ちなみに手術から6日経ちましたがいまだにベッドで待っていたらご飯運んでくれると思っているようで可愛いです(これが旦那くんだったら自力で食べに来いと言うところですが🤣)流石にベッドで食べなくても大丈夫になっているのでご飯の時間はテーブルに来てもらっていますが(連れて来てます)5日目から急に食欲が出て来て、夜中に小腹が空いた時、自動餌やり機までたどり着けるのはなんでだろうと思ってしまいますが😸

術後服を食いやぶる

病院から着て帰って来た術後服は2日でボロボロにされました😭

娘のところからお下がりもらっていてよかった。しかし、爪を切るのに多少小さめで動きずらい方が良いですが、術後数日過ごすにはやはり窮屈は可哀想。元々体重2kgの娘のねこちゃんでもアンモニャイトするには小さめだったところ2.4kgのねこちゃんには無理がありリメイク。ところがマジックテープをこっそり剥がそうとしたり、苦しくないよう広げた首周りから脱ぎ出そうとしたりとにかくいろんなことしてくれるので、急遽もう一着買いました。

2度目のリメイクした術後服。着せてみたら手直しが必要ですが、後2日なのでこれでよしです。

これは娘からお下がりしてもらった服

こっちは急遽購入した服

同じ服にするか迷ったのは違う服に興味があったのと、サイズ決めが難しかったから。


後から購入した服は背中側が全てスナップで着せやすかったのですが、ちょっとうちのねこちゃんは胴回りが細いのでそこから前足を入れて縦に伸ばすものですから首周りが伸びてしまい結局は2度のお直しで娘猫ちゃんのお下がりを着せることに。

いよいよ抜糸 ちょっと早いけど・・・

人がいないところで術後服は食い破るし隙間から傷を覆っているガーゼもかじってるし、二着目の術後服もマジックテップが剥がれないならと縫い目をぐいぐい。このままでは歯を痛めるのではないかと心配になり、予定よりも早く病院へ💦

術後8日目ですが、病院に行ってみました。まだ記憶に新しいので病院怖がるかと思いましたが、診察時間待ちの間玄関先を掃除している看護師さんを車のダッシュボードに足をかけて眺めたり、キャリーからの出し入れも特に問題なく、お利口さんでした。
抜糸は術後10日くらいが理想だそうですが、経過良いと言うことで抜糸してきました。
にゃんと泣くことも暴れることもなく、終了。

帰宅後大好きなワカサギをおやつにペロリと食べて薬も塗って来たし後2日服を着たままですが、お腹を締め付けていたテープがなくなって動きが楽になったので日向ぼっこしながら毛繕いを頑張っていたら眠くなって来たのでいつものベッドの上でお昼寝。

次の検討は抱っこ紐とハーネス

ねこちゃんを愛してやまない旦那くん、色々な場面でねこちゃんを抱っこする必要が出た時(家ならパソコンしている時ね)抱っこではパソコンもスマホも使えない、お膝では落ちてしまわないよう足をお行儀良くするのでプルプルしちゃう。

そこで考えたのがキャリーバッグ。今検討しているのがこんな形のバッグ

ドンピシャじゃないんだけど、顔は出せるけどそこから飛び出せないくらいしか顔が出ないものがいい。
これに足を伸ばして寝られるようにサイズアップできるバッグがあったら即買いなんだけどまだ見つけられていないのです。
なが〜い目で見て自分で作ろうかとも思っていますが、ネズミのおもちゃもまだ作っていないのにバッグに手を出すのか??

ねこ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次